キリスト教墓石デザインやコンセプトとカタログ資料。

イスラエルには、私たちの罪の身代わりに死なれたイエスさまの墳墓であると伝えられている石の棺を真ん中にした聖墳墓(せいふんぼ)チャーチが存在する。

ローマ帝国皇帝のコンスタンティヌス一世のママがイスラエルの首都エルサレムを巡礼中に、奇跡的な摂理があり聖遺物(せいいぶつ)見つけて、その位置に聖堂を築いたと語られている。

聖墳墓(せいふんぼ)チャーチには、イエス・キリストの御体を横たえて良い香りがするオイルを塗ったと伝承されているピンク大理石が存在する。

聖地にあるキリストのお墓(The Garden Tomb)についての説明。

日本の青森にある「キリストの墓」はニセモノなのですが、正しいものは聖地イスラエルに存在します。

お墓(園の墓)の内方には石棺が置かれていた跡があり、聖墳墓教会(せいふんぼきょうかい)に安置されている石棺や板はこのお墓から運搬されたということもあり得る。

キリスト教の墓石

イエス様の甦りは、本当にあった話です。

死者の復活(ふっかつ)というと、現代文明に生きる人にとって大勢は疑念に感じてしまうのが自然でしょう。

何千年も前の物語なので、過度な意味で話されているだけだとみなしている人たちが多い。

信証を見ないで、福音をを知って真っすぐに信奉する者は良い人だ教示されている。

それでもなお、創造主は不憫に思って下さり、信仰の無い者に思ん量りを欠かせません。

すべての人類の甦りの日。

一神教のバイブルには、世界の終末に余すところなく全ての者が甦り、最後の審査をもらうと予言されている。

ヒューマンのライフは、素晴らしいことも汚い振る舞いも完全に筆記されており、それぞれの営みに応じて報いが用意される。

贖い主イエスさまの福音を従う人は、救われて、懲罰を受けない。

このような聖典の復活の予言のもとに墓石へ骨やからだを安置するというのが、キリスト教徒にとって墓石の意味です。