キリスト教葬儀マナーとしてお悔やみの言葉や弔電はどう書くのか?

仏式による葬儀が一般的に行われている中、キリスト教葬儀も増えてきました。
しかし、実際にキリスト教葬儀に参列したことがあるという方は少ないのではないでしょうか。
そこで、実際の体験談を基に、キリスト教葬儀のマナーを学びたいと思います。
(https://キリスト教葬儀.jp.net/マナー/)

息を引き取ったエリアに業務用車にて輸送に参ります。

次に、親族の方々と棺に納めることを行います。

火葬場に行動して、故人様を追悼します。

奉仕者が親族をお導きします。

亡き人の生かされた日々に感謝しながら、祈祷を捧げるようにします。

司式者が適切な聖なる書物のみ言葉を告げます。

故人様を見届けて、偲ぶ時を持ちます。

クリスチャン告別式サポートセンターの一日の葬式は、会食の時間を設けます。

ファミリーでのお葬式は、通夜の祈りと葬儀式をします。

キリスト教葬儀

確かなお花の装飾を設けて、近親者と逝去した方を追悼します。

神父は皆様に寄り添い葬儀式場に行きます。

一般葬儀は職場の上司やフレンドを招待します。

キリスト教信仰者の葬式で司会をする司祭の紹介のみでも大丈夫です。

周囲の葬式会場に頼んでいるのだけれども、お説教は信頼の置ける聖職者にしていただきたいという方へ。

プロのバイオリニストによる演奏。

我が国の葬儀は、あまりにも料金が高額ということが有名です。

キリスト者告別式の重要な費用は、宗教者や演奏者への謝儀、式場活用料金、お墓ということになります。

葬祭屋は、お体の運搬から葬儀場の予約、葬祭の案配までみな担当します。