キリスト教葬儀弔電はどのように書いたらいいのか?お悔やみ。

召された方の生かされた日々に感謝しながら、祈祷を捧げる時を持ちます。

奉仕者が適切な聖典の御言葉を告げ知らせます。

亡き人を荼毘に付し、語り合います。

基督教葬礼相談受付の1日葬は、会食の機会を設けます。

家族葬は、通夜の祈りと葬礼を行います。

確かなお花の装飾を制作して、近親者と召された方を追悼します。

奉仕者は皆様に寄り添い葬儀式場に同行します。

一般葬は会社の同僚やフレンドをお招きします。

キリスト教葬儀

教会員のお見送りで司式をする奉仕者の派遣のみでも大丈夫です。

近郊の葬儀屋さんに申し入れているのだけど、聖書の宣言はベテランの牧師にしていただきたいというご遺族に。

伝統宗教の祭主への御礼は費用が嵩む。

一流のミュージシャンによる音楽のお葬式。

この国の追悼の式は、とてもコストが割高ということが知られている。

クリスチャンお見送りの主要なコストは、宗教者や演奏者への御礼、施設利用値段、納骨堂であります。

葬祭業者は、ご遺体の輸送から葬祭場の用意、記念会の予定まですべて行います。

喪主さまは、メモリアル礼拝のすべてを用意し、値段を用意するという大変な苦労があります。

上記の値段は、キリスト教式での葬儀を行うために必要最低限の物をセットにしたパッケージ費用です。

キリスト教葬儀を行うために必要な費用は、①葬儀社料金、②式場費用、③火葬料金、④宗教者への謝礼がありますが、葬儀社料金はこの値段でご対応させていただくことができます。

キリスト教葬儀より引用